とっておきおすすめパスタ

イタリア語 pasta はいくつかの異なる意味をもっている。 いずれも、英語 paste (ペースト)、フランス語 pâté (パテ)や、英語pastryペーストリー)、フランス語 pâtisserie(パティスリー)、イタリア語 pasticceria(パスティッチェーリア)などと同じ語源をもち、俗ラテン語の pasta (生地、練りもの)に由来するものである。

  1. イタリア料理主食の一つである、小麦粉などを主体とした練り物(生パスタ)、およびそれを乾燥した製品(乾燥パスタ)を指す。 より厳密には、パスタ・アリメンターレpasta alimentare; 「食用の pasta 」の意)と呼ぶこともある。 日本語の「」に近い用法だが、細長い形状にこだわらない点が異なる[1]。 うどん蕎麦ラーメン餃子とその皮やそばがきも、イタリア語話者から見れば「日本の pasta 」ということになる。
  2. やや広義の用法として、菓子類も含め、小麦粉を使ったいわゆる粉物の生地全般を指す。 各種のパンピッツァフォカッチャ、各種ケーキ類やマルチパンなど、さまざまな生地を含む。 俗ラテン語の原義に最も近い用法。
  3. とくに菓子類において、生地を焼いて出来上がった製品の種類を指す場合がある。
  4. 派生義として、食品以外のものも含め、ペースト状の製品や物質全般を指す用法がある。 日用品の例として パスタ・ダッチューゲ(pasta d’acciughe、アンチョビペースト)、 パスタ・デンティフリーチャ(pasta dentifricia、練り歯磨き)など。

日本語や英語などでの用法は上記 1. に近く、加えて 1. のパスタを使った「パスタ料理」を単にパスタと呼ぶことも多い。 本項ではこれらの用法にもとづいて解説している。

 フィデウアはおいしく簡単に料理でき、1001個のレシピが用…

この夏におススメのカクテル
”Ponche Caballer…

ポルトガルから高品質ワインが届きました!
赤ワインが2種類。…

スペインワインAlbada Tinto と Albada B…



ワインを探す